ニュースでアメリカにローマ法皇が来られていたことが報じられました。
そこで、脳腫瘍 がある1歳の赤ちゃんが抱きかかえられ、キスされたのです。


CBSが報じたニュース

手術不可能な脳腫瘍の赤ちゃんが
ローマ法王からキスのサプライズ!

Baby With Inoperable Brain Tumor Receives
Surprise Kiss From Pope Francis




CBS 


インタービューの中で、赤ちゃんの父親と母親は
ローマ法皇が来た時のこと、
赤ちゃんが将来良くなるようにと涙ながらに語っています。



神のご加護を・・・


赤ちゃんの名前はGianna(ジアンナ)ちゃん。
ローマ法王がアメリカのフィラデルフィアに来られた際、
このGiannaちゃんは抱きかかえられました。
ローマ法王はそっとGiannaちゃんの後頭部に手をやり、
そして、そこにキスされました。

Giannaちゃんの脳腫瘍は手術不可能な珍しいもの。

医者からもその命は1ヶ月もつかわからず、
1歳の誕生日を迎えることは困難だと告げられていたと言います。

そして、この日、ローマ法皇が手をやったGiannaちゃんの後頭部は、
まさに その脳腫瘍がある場所だったんです。

今年9月にGiannaちゃんは1歳の誕生日を迎えたばかり。


まだ小さな娘の病気が治るように、
娘が成長できるようにと、ご両親は祈り続けていたはずです。



キリスト教の中でも大きな教派であるカトリック。
その中で、最も高い地位にいる聖職者がローマ法王。


 ローマ法王とは・・・ by Wikipedia
教皇(きょうこう、ラテン語: Pāpa、ギリシア語: Πάπας Pápas、英語: Pope)は、キリスト教の最高位聖職者の称号[3]。一般的にはカトリック教会のローマ司教にして全世界のカトリック教徒の精神的指導者であるローマ教皇を指す。教皇の地位は「教皇位」、あるいは「教皇座」と呼ばれる。また、教皇の権威のことを「聖座」、「使徒座」ということもある。現在の教皇はフランシスコ(第266代)。


そのローマ法王に娘が抱きかかえられキスを受けるという幸運は、
本当に奇跡の確立に違いありません。


きっと、治らないと医者に言われた病でも、
ご両親はずっと諦めず、希望を捨てずに、
Giannaちゃんと一緒に今日まで生きてきたんだと思います。

わたしの腫瘍とは比べ物にならないくらい難しいものですが、
脳腫瘍を患ったとわかった時の絶望は痛いほどわかります。
ましてや、自分の頑張りではどうしようもない娘の病気・・・。
苦しくて、苦しくてしょうがないはずです。

そんな絶望の中でのこの幸運なニュース。

奇跡は必ず存在すると思います。
これから未来に何が起こるかは誰にもわかりません。

Giannaちゃん に奇跡が起こりますように・・・。
すべての人が普通の日常を送ることができますように・・。