手術後の痛み以外の苦しみ・・・

脳腫瘍の手術を終えて、数ヶ月たっても苦しみは続くと書いてきました。
それは頭痛等の痛み以外にもあります・・・。


それは、肌荒れです。

なんか、プツプツと吹き出物ができてしまって、洗顔をしてもプツプツが治らない・・・。昔からニキビとかできにくい体質だったから、オイリーな感じの肌荒れに悩まされることがなかった私。そもそも「肌荒れに対しての免疫がなくて落ち込んだのを覚えています。


身体が疲れているから?とか、健康じゃないからでしょ?
とか思われがちだけど、肌荒れの原因は実はそうじゃないんです。。。


(・・・そーいえば、今思い出しますが、
知り合いに「お手入れの問題なんじゃないの?脳の手術と肌関係ある?」って言われた時、
悲しい思いをしたし、すっごくイラっときたなぁー・・・。)

この手術の苦しみも何もわからないくせに、
わたしのお肌のお手入れの方法が悪いみたいな言い方しないで!!!!!

何気なく愚痴っぽくこぼした、「肌荒れがねぇ、、」って言葉に対しての返答だったな。。。


わたしも、手術で色々な薬を多分使っただろうから、それで、最初は、体質が変わっちゃったんじゃないかと、悲しんだりしていました・・・。


でも、理由はお医者さんに相談してわかった(納得できる原因の1つがわかった)んですよ。。



原因は、ステロイド。。。。






ステロイドの影響とは?副作用は?

ステロイドってかなり強い薬みたいなんですよ。

わたしは、手術後数日間、
強力な鎮痛剤「デカドロン」を 服用していました。
(デカドロンってステロイドだったのね・・)

ステロイドって、アトピーとかにも使うイメージで、
わたしとしては、肌荒れには関係しないと思っていました


でも、そうではないらしいんです。

そして、長期間服用しなければならない人は、その副作用に苦しみます。

どんな副作用があるんでしょうか?
わたしが感じたか、どうかも含めて振り返っておこうかな・・・。

(※デカドロンの副作用については、goo辞書で調べただけなので、ご了承くださいね。)


<スポンサーリンク>



さてと・・・

ますば、「よく現れる副作用」。


消化不良

そもそも、そんなにご飯を食べられる状況じゃなかったから、これは分かんないや・・・。ってことで、感じていなかった、、かな。消化不良って、この副作用、実感として、あるものなのかなぁ・・・・?食べれなかったこともそうだけど、そもそもこの副作用を感じられるほど、余裕もなかったなぁ・・・。



そして、「ときに現れる副作用



視力の低下

視力、、、、?低下してたのかな、、、?わたしは通常コンタクトを入れているけど、術後はメガネにしていました。だから、これも、実感としては「なし」。でも、本当のところはよくわかりません・・・。室内で過ごすことが多かったし、遠くを見る必要もなかったから、、、。



霧視(目の前が霧がかったようになる)

これはなし。(元々目が悪いので、霧がかったかどうかよくわからないけど、多分なしで)



口の渇き

できるだけ水をよく飲むようにしてたから、これもなし。

先生が、お水を飲めって、いっぱい飲めって言ってたから、それを忠実に守って、できるだけ水分をとりました。


 

頻尿

 あ!これはありましたね。でも、上にも書いたけど、水をよく飲むようにしてたからじゃないかなぁ・・・?薬のせいじゃない気がする・・・。



食欲の増加、体重の増加

これは明らかになし。だって、体重はどんどん減っていったから・・・。病気中に「ダイエット♡」とか言ってる人もいるブログとかを見つけたりして驚いたけど、わたしは体重が減ることでどんどん不安になっていきましたよ・・・。明らかにエネルギーがしぼんでいっている感覚・・・。元気が無くなっていく感覚。。。怖かったです。

 

神経過敏、不安、多幸感(わけもないのに楽しい感じになる)

精神的に参ってたから、これはこのお薬のせいじゃない!・・・と思う。だけど、多幸感はなかったな。。。。。。



睡眠障害

うん、これはあり。だけど、これが原因じゃない。、、、多分。だって、頭が痛いし、倦怠感、身体が痛いし、、、、って、こんなんじゃ眠れるわけないし、この薬が原因だとしても、もはや、ステロイド1つのせいじゃない。。。 


最後に、「まれに現れる副作用」


・発疹(ほっしん)
・小児の発育不良
・腱断裂
・内分泌異常
・血栓症
・皮膚のぜい弱化 



「まれに現れる」の部分に色々書かれているけど、やっと皮膚に関することが出て来ました。
やっぱりお医者さんの言うように、薬の副作用だったんですね。。。


そして、その後、洗顔を念入りにし続けたら、治りました。(洗顔が理由じゃないと思うけどw)



その後の肌と心の変化

今、私の肌は元通り(ではないか;;加齢もあるし完全に元通りっていうわけにはいかないけど、肌タイプは元通り)になりました。


<スポンサーリンク>


術後から年数が経つにつれて、術後直後の痙攣られる痛みがなくなって来て、顔もしっかり洗えるようになって来て、気持ちにも少し余裕ができて来て、、、もちろんお薬も完全に体から抜けて、、、って全てのことが影響してだと思いますけどね。


そう、だから、もし手術後に肌荒れで悩んでいる方がいたら、落ち込みすぎないでって伝えたい!!原因は必ずあって、決して自分のお手入れや生活が乱れてるわけじゃないってこと。自分が悪いんじゃないってことです!!!!

当時の私は、薬が原因で肌の状態が悪くなっていることがわかっただけで、まだ肌荒れが治っていないうちから、妙に安心しました。だって、私のせいじゃなくて、もし薬が体から抜ければ、プツプツが消える希望が見えたから。

大きな病気が治ったんだから、肌荒れみたいな小さなこと、って思うかもしれないけど、手術で、病気で自分の体が前と明らかに変化してしまって、思い通りにならなくなっていくことがとても怖くなって、それがどんどん増えていくんじゃないかっていう恐怖もあったし、それがすっごく悲しくて、また病気になった自分を追い詰めて苦しんでいたから、もちろん「肌荒れ」自体にもショックだったけど、それ以上のものがありましたね。


ゆっくりと焦らずに、じっくりと、絶対に自分の身体を元に戻したい。


薬を使わなくても生きていける生活が永遠に続きますように・・・。
すべての人に平凡な毎日の繰り返しの日常がありますように・・・。