ケプラ服用開始して数日後の朝・・・

ある日、先生から説明されていたものとは全く違う、第二の副作用が現れました。

ケプラの通常予想される副作用は、「ケプラ初めての副作用3つと対処法/目の前の世界が揺れる・・・」でがいた通りです。

まあ、
眠気とか、頭痛とか、下痢とか、便秘とか、、、まぁ、風邪薬でもちょっとした副作用があるように、初めての副作用の経験で、そのことを理解していたつもりでいました。

その副作用がわかったし、それを身体で感じているから、ケプラが嫌いになったんですが・・・。

その日の朝は、いつもの副作用とは違うもので、すごくびっくりしたし、とっても怖くなりました。

そもそもケプラは、とても強い薬です。途中で自分の判断で止めてしまうと、その起こり得る副作用が強く現れたり、危険なことになると言われている薬です。
だから、服用する時や辞める時は、ちゃんとお医者さんに説明を聞いて、相談し決定しなければいけません。




第二の副作用とは・・・

それは突然、目に現れました。
 
目といっても、充血とか、ゴロゴロするとか、そんなのではありません。

視界に違和感を覚えました。

・・・????

朝起きて、寝ぼけていたせいか、なんだかいつもと違うような。。。

乱視??????みたいな???なんだろう???

最初は、なんとなく変って感じで、何が原因か、何か変なのかはわかりませんでした。とりあえず目を擦ってみましたが、それがおさまりません。

そして、ベットの上で起き上がった状態で、
そのまま左手を左目に、右目の見え方を確認・・・・・・・・・・

左目を隠して右目で見ると

うーん。。別にいつも通りのランプだし、いつも通りの壁

別に問題ないなぁ。。

そして、次は、右手で右目を隠して、左目の見え方を確認してみる・・・


右目を隠して左目で見ると

あれ!?!@??$%*($#&*$&??@!?!?!?¥

あれれ?!?!?@$%#@!?

なんか、変・・・?。微妙な色の違いわかりますか?

最初はその違いがわからなかったので、再度確認のために、
右目と左目を交互に手で隠して、パッパッっと素早く交換して、
右目と左目の見え方を見てみました。

そしたら、やっぱり、右目の視界と左目の視界の色が明らかに違ったんです。

右目でみる景色よりも左目で見る景色が少し赤みがかかっている感じ。

何度やってみても、やっぱり色が違うんです。

起きてすぐの時は、片方にコンタクト入れて、もう片方を入れないでみた時の視界の違和感になんとなくちょっと似ていたと思っていたけど、それとは違うから、なんだろうって。

その違和感は、色が違ったからだったんです。



脳腫瘍と目の症状の関係

それは未だに不明です。


実際、わたしの腫瘍は右脳にあったので、
左目に視界の色に異常が出たことが腫瘍と関係がある気がしますが、
先生はそれはわからないと言っていました。

病気の時は、どんな小さな悪いことでも結びつけて恐怖を感じてしまいます。
この時も、目がいつもと違うだけで、とにかく怖く感じていました。




ケプラは身体の働きに影響を及ぼす
・・・怖い。。。

・・最近、自分にとって変わったことはケプラしかありません。

精神的にちょっとヤバくなっていたし、明らかに悲観的だったし、パニックになりやすくなっていたけど、一番の大きな変化は「ケ・プ・ラ 」の服用です。

薬は自分の身体が病気と戦うために手助けをしてくれる場合もありますが、その働きは時に身体に負担をかけることを痛感していました。

とにかく、目のことが気になって、怖くなって、先生に説明しました。


このまま目がこんな見え方だったらどうしよう・・・。
この症状が脳の何かの変化によっての症状だったらどうしよう。
もしかして、これって脳梗塞とかなってないよね???
(脳梗塞とは症状が違うけど、被害妄想は膨らみます。)
・・・まさか、このまま、目もどうにかなっちゃう??

グルグル色々と考えて、余計なことで頭を使うよりも、先生がすぐに解決し安心をくれました。

そう!その時、英語で説明しても、この症状がうまく伝わらないと思ったので、写真を撮って、それぞれの写真を右目と左目の見える色と同じようにして、「こんな感じで見えていたけど、大丈夫?」と聞きました。

先生は、「ケプラの副作用(side effect)の一つだから、大丈夫です。
しっかりと水分をとってゆっくりしてください。
」と言っていました。

その副作用が現れたのは1日だけ。それ以降はでませんでした。

なんでもゆっくり身体に慣れさせる必要があるとか・・・。
ケプラ、、、それほど強い薬っていうことですね。

たぶん、わたしは飲み始めた日の量が多かったために、その日に強い副作用出たことと関係あるんじゃないかと思います。お水も飲んでいましたが、それが足りなかったかも・・・。

ケプラの濃い薬が一気に身体に負担をかけて、最初の副作用を引き起こして、そして、その余韻みたいなものが数日後に別の形で現れたんだろう・・・

いやー・・・。
それにしても、これが副作用だとわかって、本当よかったです。

初めてのことだらけで、「脳が異常な動きをしている」という先生の説明でかなり過敏になっていました。

どんな薬も服用の際は、十分注意してください。
もし、ケプラでわたしと同じ副作用が出た人がいたなら、心配せず、一度先生に相談してみてください。薬は身体に少なからず悪い影響を及ぼす可能性があることを忘れてはいけないですね。