MRIとEEGの関係は・・・


EEG(脳波検査)はてんかんが疑われる時に行われる検査です。

わたしのように意識障害があった場合、
脳の中の組織自体に何か問題があるのか、
それとも脳の伝達信号に問題があるのかをみることで、病名がわかるのです。

もしも、てんかんであった場合、
MRIの画像上には何も写らず、異常が見当たらないけれど、
EEGでは異常が見当たるという検査結果が得られます。

先生はわたしの症状を聞いて、てんかんの症状に似ていると言っており、
それを確実にするために両方の検査を受けることになりました。

どうやら、脳梗塞の場合は、症状に麻痺や言語障害が強くでるようです。




検査待ちの期間

駐車場


検査は美しい金髪女性専門医に診察してもらってから約1ヶ月後・・・・。

どこの病院もこのような検査はとても混んでいるようで、
わたしの場合も、早くても1ヶ月は待つことになると言われました。

これくらい待つことになるというのは、
命すぐ関わるものではないと判断され、
それほど緊急でないという意味だろうと、自分を安心させようと言い聞かせていました。

これくらいの待機期間は仕方ないのかなぁ。。。