アメリカで脳腫瘍を乗り越える

ある日突然、日常の数分の出来事で発覚。海外での生活や手術、薬、病気の症状のこと、自分の経験を通じて思ったことをブログに綴っていきます。

2015年09月

いよいよ神経科での診察です。アメリカの病院の駐車場は、思いの外、巨大!?急な電話で慌てて準備、主人と車を飛ばし、大きな大学病院へいきました。アメリカの病院はとても広いです。駐車場の混んでいること・・・。地方の大型モールの駐車場みたいな大きな駐車場がドドー ...

アメリカの医療費は高い?アメリカの医療費は高いと言われています。そもそも、わたしが脳腫瘍の症状なんてでなければ、アメリカの医療費について考えることもなかったはずですが・・・。病気は人を選ばずに、急にやってきます。備えておくことに越したことはないなぁとしみ ...

Urgent care とは何か?アメリカの「urgent care」とは、日本で言う初診受付の普通の病院のことです。わたしも意識を失った翌日、早速行きました。緊急の場合は、救急車を呼んだり、ERに行きますが、そうでない場合は一般的にここを利用するようです。◎近くのUrgent careの ...

あんな症状、今までに起きたことないし、念のために病院に行くことにしました。初めてのアメリカの病院の診察についてです。・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・この時、色々とインターネットを調べて、自分の症状は軽い脳梗塞なんじゃないかと疑っていました。 ...

初めての発作は急に訪れました。友人に囲まれて談笑中、いつも通っていた教室の中で・・・。ほんの2〜3分の間、わたしには記憶がありません。でも、そのわたしの知らない時にわたしが勝手に動いてたんです。「記憶がない=意識を失う=気を失う」というイメージしかなかっ ...

わたしの脳腫瘍があるとわかったきっかけの症状の話です。脳腫瘍発見の症状は、様々なケースがあります。わたしの場合は、痛みも違和感も運動能力の低下や記憶力の低下、視野の変化もなく、ただ一瞬、自分のコントロールの効かない脳の一部に身体を操られたことでした。その ...

脳腫瘍発見のきっかけは些細な出来事脳腫瘍発見のきっかけを書きたいと思います。わたしは前から何か自覚症状があったわけではありません。脳腫瘍というと、頭痛持ちだったとか、めまいとか、視野が歪むとか、、、発見前に自覚症状がある方もいるようですが、わたしは健康そ ...

ブログを始めようと思ったのは・・・ブログをやり始めようと思ったのは・・・。それは、自分が病気だと分かってからの自分の行動を思い返したからなんです。自分に脳腫瘍があると分かってから、混乱の中、必死にインターネットで情報を検索していました。とにかく「脳腫瘍  ...

まさかわたしが?わたしは昔から病気ひとつしたことがない健康優良児でした。体力には自信がある方だったし、当時はスポーツクラブに週2〜3回。他にはヨガやダンスのレッスンに行っていました。アメリカに来て、アメリカという異国での生活に負けないように強い心を持って ...


<スポンサーリンク>


にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ にほんブログ村 病気ブログ 脳腫瘍へ
↑↑ランキングに参加中!更新の励みになりますのでポチッとぜひお願いします。


アメリカで脳腫瘍を乗り越える←わたしのページをまだまだ見てくださる方はTOPページへ

↑このページのトップヘ