アメリカで脳腫瘍を乗り越える

ある日突然、日常の数分の出来事で発覚。海外での生活や手術、薬、病気の症状のこと、自分の経験を通じて思ったことをブログに綴っていきます。

カテゴリ:脳腫瘍発見

脳腫瘍発見前、発作の予兆?(運転中の恐怖体験)これは脳腫瘍発見前に起こった出来事です。別に脳腫瘍があるってわかってたわけじゃないし、なんの前兆も感じてなかったんですが、今思うと「あれって?」ってもしかして・・・、って思うことが幾つかあります。それは、今は ...

検査結果は電話でアメリカの大学病院でMRI検査とEEG検査を受けました。日本でも同じでしょうか?結果は電話で知らされました。検査から3日くらいたったお昼です。朝からスポーツジムに行って汗を流して、その後、お昼でも食べに行こうかと思って外に出たその時でした。この ...

脳腫瘍発見までに起きた発作は2回アメリカで脳腫瘍が発見される前、念のために行った病院でMRI検査を受けることになりました。その 数日前、わたしには2回目の発作が起きていたんです。すっかり忘れていましたが、あの日も相当身体が疲れていたと思います。1回目の発作は ...

脳の検査を受けることの意味人生の中でMRIとかEEGとか、脳に関わる検査を受ける人がどれくらいいるんでしょうか。わたしは病気の疑いがあると言われるまで、検診で脳を見てもらったことはありません。脳の病気は主にご老人が患うアルツハイマーくらいしか知らなかったし、脳 ...

初めての発作は急に訪れました。友人に囲まれて談笑中、いつも通っていた教室の中で・・・。ほんの2〜3分の間、わたしには記憶がありません。でも、そのわたしの知らない時にわたしが勝手に動いてたんです。「記憶がない=意識を失う=気を失う」というイメージしかなかっ ...

わたしの脳腫瘍があるとわかったきっかけの症状の話です。脳腫瘍発見の症状は、様々なケースがあります。わたしの場合は、痛みも違和感も運動能力の低下や記憶力の低下、視野の変化もなく、ただ一瞬、自分のコントロールの効かない脳の一部に身体を操られたことでした。その ...

脳腫瘍発見のきっかけは些細な出来事脳腫瘍発見のきっかけを書きたいと思います。わたしは前から何か自覚症状があったわけではありません。脳腫瘍というと、頭痛持ちだったとか、めまいとか、視野が歪むとか、、、発見前に自覚症状がある方もいるようですが、わたしは健康そ ...

まさかわたしが?わたしは昔から病気ひとつしたことがない健康優良児でした。体力には自信がある方だったし、当時はスポーツクラブに週2〜3回。他にはヨガやダンスのレッスンに行っていました。アメリカに来て、アメリカという異国での生活に負けないように強い心を持って ...



<スポンサーリンク>


にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ にほんブログ村 病気ブログ 脳腫瘍へ
↑↑ランキングに参加中!更新の励みになりますのでポチッとぜひお願いします。


アメリカで脳腫瘍を乗り越える←わたしのページをまだまだ見てくださる方はTOPページへ

↑このページのトップヘ