携帯電話と脳腫瘍リスクはあるのか。


携帯電話を安全に使用するための法律が 
アメリカのカリフォルニアで制定されるというCNNの記事を目にしました。
 カリフォルニア州・バークレー市

<CNN記事>

携帯電話と脳腫瘍のリスク;
Cell phones and risk of brain tumors: What's the real science?
 http://www.cnn.com/2015/07/28/health/cell-phones-brain-tumor-risk-berkeley/
Updated 3:38 PM ET, Tue July 28, 2015

カリフォルニア、バークレー市は携帯会社に対して、携帯についての安全勧告に関わる法案を可決しました。この法律は、携帯電話会社が、消費者に対して資料を配布するか、店内に掲示するかで、ガイドラインにある携帯電話が発する可能性のある電磁波の量や安全な取り扱いについて周知することを求めるものです。



アメリカは進んでいます。

ITが活発なシリコンバレーの近くの都市であるバークレー市が、

ITによる健康被害の面でも配慮していることが非常に印象深いですね。

 
日本でももっと携帯電話の使用方について注意を促すべきです。
 

このアメリカのカリフォルニアでの法律は、

携帯電話を禁止するとか、脳腫瘍のリスクと関連づけるようなものではないのですが、

携帯電話と健康について考えるきっかけになるのです。 
 

携帯電話を使い続ける人は、脳腫瘍発生のリスクが高まると聞きますが、

これは携帯電話と脳腫瘍発生は科学的根拠はなく、

脳腫瘍発生のリスクの有無については意見が分かれているのが現状です。



BlogPaint



手放せない携帯

便利でついついずっと触ってしまう携帯電話。

もし、脳腫瘍発生のリスクがあるとしても、携帯を触り続けますか?
うーん・・・。

今はもう携帯電話はできるだけ触りたくない・・・。

でも、やっぱり便利だし、使わないと生活できない現代。


これがない時代はもっと色々な意味で平和だったのになぁ。。。

みなさん、どう思いますか?