アメリカの病院に併設の薬局はない

 アメリカでは病院の帰りにどこでもいいからすぐ側の薬局に立ち寄り、薬を受け取ることができません。日本では通常、診察が終わった会計の時に、窓口で処方箋を受け取り、そのまま病院の隣に併設されている薬局で受け取るのが通常の流れです。

でも、アメリカにはその
併設の薬局がありません。 それが普通です。なので、事前に自分の家の近くに薬局ががるか、また、自分の行きやすい薬局があるかを調べておく必要があります。

アメリカの薬局



薬局(Pharmacy)を事前に確認しておくべき理由

アメリカで病院に行く前に、もし薬をもらうかもしれないと予測される時は、自分の便利な薬局を事前に確認していくことをおすすめします。理由は以下の2点。

  • 併設薬局がない 
 先ほども書きましたが、病院の側に薬局がない場合が多いです。日本なら、この病院に行った患者さんは隣の薬局でそのまま受け取るっという便利な立地になっていますが、アメリカはそうじゃありません。なので、気をつけて下さい!


  • 病院で薬受け取りの薬局名を聞かれる 
 そして、診察を受けている時に、基本的によく行く薬局、希望の薬局を聞かれます。なぜかというと、その処方箋に薬局の名前を書き、そこで受け取るように指定されるからです。でも、住所まで確認しておく必要はありません。その薬局の系列名、例えばTargetスーパーマーケットの中にある薬局なら名前は「Target Phamacy」で大丈夫です。場所までは指定されないので、系列店舗がある薬局であれば、そのどこでも受け取ることができるようになっています。
 


そして、もちろんですが、診察中に「どこでもいいです」ということで、病院側に選んでもらうこともできますが、どの薬局でも変わらないし、病院が選んだからいい薬局ということもありません。むしろ、その選ばれた薬局が自分の行きにくいところだったら悲惨です・・。時間をかけてその選ばれた薬局を探さなければなりません。 なので、事前の下調べをしておくと楽チンです!




病院での処方箋の受け取り方 

 処方箋を病院では受け取りません。日本では窓口で受け取ると思いますが、アメリカ(病院の規模によるかもしれません。わたしの事例は大きな大学病院)では、 窓口で処方箋を受け取らず、時には電話でも処方されます。それが可能なのでは、アメリカではカルテシステムが日本より整備されているからです。本当にここは日本も見習ってほしい!!本当に便利すぎるし、オープンな情報共有が安心します。

その処方箋は、先生から必要な薬の説明を口頭で受け、それを自分の家で電子カルテ上の処方箋を確認し、プリントアウトして薬局へ持っていくのです。なので、病院の窓口で確認することは何もありません。任意の健康保険に加入している場合、診察料も後払いになるので、診察が終わったらそのまま帰宅です。





薬局へ一緒に持っていくもの

  • プリントアウトした処方箋
家で事前にプリントアウトして持っていきます。
薬局に提示するので、裏紙じゃなくて普通の紙に印刷していってください。


  •  写真付きの身分証明書
本人確認を求められる場合があります。免許証とかで大丈夫。


  •  任意加入の健康保険証 
日本と同じように薬局でお金を支払うので、健康保険証の提示を求められる場合があります。ここでちゃんと保険適応の価格にしてもらうためです。病気になっていてもいなくても、このカードは必ず持ち歩いてください。何かの時に身を守ってくれると思います。
アメリカの医療費は信じられないくらい高額な場合があります。例えば、脳のMRI検査を受けるだけで数十万円します・・・。


  •  お金orカード(・・・当たり前か笑)
 これは当たり前ですね。ちゃんと忘れずに持って行ってください笑





薬局のカウンターでの薬の引き渡しの注意点

薬局に行ったら、スーパーのレジとは違うところに薬局専用(処方箋で薬を受け取る専用)の窓口のような、カウンターがあるので探してください。そしたら、そこにプリントアウトしてくた紙(これは立派な処方箋!)を出します。


渡せばそこに薬の内容が書いてあるので、薬剤師さんらしき人がせっせと薬を持ってきてくれます。ここで、忘れてはいけないのが、チェック!!!!



①袋に書かれている名前を必ず確認する

病院でも薬局でも、先生でも看護師さんでも薬剤師さんでも、、ここはアメリカ!!!!いい意味でも悪い意味でも、ここは外国!!!全部しっかり確認してください。自分の薬かどうかをしっかり見てください。

・・・ちなみに、わたしの場合、袋に「えめり」になっていました・・・。おーい、、「あめり」ですが・・・、大丈夫でしょうか???即刻、確認したところ「ごめんなさい、薬袋に名前を印字する際誤ってしまったけど、これは確かにあなたのものですよ」とのこと。まぁ、大丈夫ならいいんだけど・・・。間違われちゃうと、なんか怖いんですよね・・・。でも、わたしの場合は大丈夫でしたが、もしかしたら、名前が間違っているというよりも、違う人のものを持ってきてる場合もあるので、気を抜かないでください




②必ず中身を確認する

当たり前ですか?うーん・・・、日本から渡米直後は、あまり「確認」という作業をしていなかったです。。。日本だったらお店の店員さんとか、ましてや薬局だったら間違わないし、「はーい、ありがとうございます。」的な、さらっとした確認しかしてなかったから、わたしにとっては結構衝撃でした。英語で何もかも書かれているっていうこともあって、しっかり確認しないと見落としたり、見間違えたりしますからね

あと、アメリカは、、、いい加減なんですよ。これは、応用が効くから嬉し時も多々あるんですが、薬の場合はこちらも慎重だから、いい加減では困ります!なので、中身が自分の処方されたものと同じかどうか、面倒臭がらずに確認してください。間違っている可能性もあります。

わたしの場合、薬は1種類だったのに、なぜか2種類のボトルが・・・。なんで?と思って聞いてみると、これは間違えではなくて「薬の仕入れメーカーが途中で切り替わっちゃったから、ボトルの色は違うけど、薬は同じだから大丈夫です。」って言われました。これは家に帰ってから気づいていたら、間違えだと思って戻らなきゃいけない羽目に・・・。

そう!ここはアメリカ、ここは外国。
日本だったらきっと事前に説明してくれるはず(っていうか、そんなメーカーが途中で切り替えとか、1人の客の間でやらないでしょう)。確認、確認、を怠ってはいけません。



③薬の服用に関する注意点を再度確認する

これは事前に病院で先生に処方された薬の説明はもちろん受けていますが、薬局でも薬剤師さんらしき人に再度確認してください。先生も説明のし忘れ、もしくは、こちらの認識違いや聞き逃しなどがある場合を防ぐためです

わたしの場合は、処方された薬の飲む数量やそのタイミングなどは同じ説明を受けました。朝と夜に1錠ずつ飲んでください、ということ。あと、水をたくさん飲むなど、水分補給を頻繁にしてください、と言われていました。

念のため服用にあたっての注意点を聞いたところ
、「この薬は12時間あけて飲まなければいけないものなので、もし飲み忘れたことに気づいても、それが大きくずれているようだったら、次の飲むタイミングまで待ってから飲んでください。」と言われました。どうやら感覚を狭めたり、飲みすぎてはいけないお薬だそうです。おーい!!先生、12時間とは教えてくださってましたっけ??朝飲み忘れてたら、たぶんわたしは昼に飲んじゃってたよ・・・。聞いといてよかった。。。




海外と日本の違いに戸惑わないで!

病院以外でも色々と感じるところはありますが、たとえ病院・薬局だとしても、自分は外国がにいることを忘れないでほしいです。「日本だったら・・・」と考えても仕方ありませんし、何も解決しません。なので、今もしあなたが外国にいる(外国に行く)んであれば、その国のやり方を理解して、自分が不利にならないように立ち回る努力をするだけです

今回書いたような、病院で薬局を聞かれることを事前に知っていれば、あたふたする必要もないし、薬局で処方箋を渡しても中身等が間違っている可能性があることを意識しておけば、その間違いによって被害を被らないようにしっかり確認をすればいいだけのことです。

外国と日本の違いにビクビクせずに、もし体に少しでも異変を感じたら病院へ行って診察を受けてください。そして、薬をもらってしっかりと身体を治してください。 わたしはアメリカでまさかの重病が発覚して、病院や薬局に行かざるを得ない状況になって、色々知ったことがあります。それは、病院が大きすぎること、MRIが高いことアメリカのMRIが天国みたいなことEEG(脳波検査)が痛いこと、入院、手術、リハビリ、薬、アメリカの保険制度、、、。

小さな病気や大きな病気たくさんありますが、わたしの体験をブログを通じて共有し、アメリカで病気と戦うことを決意した人を応援したいと思っています。