アメリカで脳腫瘍を乗り越える

ある日突然、日常の数分の出来事で発覚。海外での生活や手術、薬、病気の症状のこと、自分の経験を通じて思ったことをブログに綴っていきます。

カテゴリ:海外の病院はこんな感じ

アメリカの病院に併設の薬局はない アメリカでは病院の帰りにどこでもいいからすぐ側の薬局に立ち寄り、薬を受け取ることができません。日本では通常、診察が終わった会計の時に、窓口で処方箋を受け取り、そのまま病院の隣に併設されている薬局で受け取るのが通常の流れで ...

アメリカで良い病院を見つけるためにわたしはたまたまアメリカ在住のときに発作が起き、自分の頭の中に腫瘍があることがわかりました。治療する場所の選択を迫られたとき、自分がかかることのできる病院がどんなところであるかを必死に調べていました。アメリカに残って治療 ...

いよいよ神経科での診察です。アメリカの病院の駐車場は、思いの外、巨大!?急な電話で慌てて準備、主人と車を飛ばし、大きな大学病院へいきました。アメリカの病院はとても広いです。駐車場の混んでいること・・・。地方の大型モールの駐車場みたいな大きな駐車場がドドー ...

Urgent care とは何か?アメリカの「urgent care」とは、日本で言う初診受付の普通の病院のことです。わたしも意識を失った翌日、早速行きました。緊急の場合は、救急車を呼んだり、ERに行きますが、そうでない場合は一般的にここを利用するようです。◎近くのUrgent careの ...



<スポンサーリンク>


にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ にほんブログ村 病気ブログ 脳腫瘍へ
↑↑ランキングに参加中!更新の励みになりますのでポチッとぜひお願いします。


アメリカで脳腫瘍を乗り越える←わたしのページをまだまだ見てくださる方はTOPページへ

↑このページのトップヘ