7blog
アメリカの医療費は高い?

アメリカの医療費は高いと言われています。


そもそも、わたしが脳腫瘍の症状なんてでなければ、
アメリカの医療費について考えることもなかったはずですが・・・。
病気は人を選ばずに、急にやってきます。備えておくことに越したことはないなぁとしみじみ思います。



日本では加入義務の国民健康保険、アメリカは?

日本に住んでいたら、特別に保険に加入しなくても、国民健康保険があるので30%の自己負担。
しかし、アメリカはそれがありません。
なので、医療費は病院からの請求額面そのものになります。

日本では、30%の医療費が病院の窓口で提示されます。
なので、医療費そのものを意識したことはないと思います。



アメリカで初めての病院(Urgent care)の請求は309ドル!?

わたしがurgent careに行った当日は診察料の支払いはありませんでした。
予約なしで飛び込んだurgent careでは、問診と次回の大きな病院への予約をしてもらいました。

詳しいその時の状況は→こちら「アメリカの病院で初診(urgent careに行くことに・・・)」

そして、その後送られてきた請求書の金額は

309ドル。120円で計算すると・・・約3万7000円。。。。

もし自分で保険に入っていなかったら、この金額を支払わなければいけません。
しかし、幸いなことに、わたしが実際払ったのは

45ドル。 120円で計算すると・・・5400円。



アメリカでの健康保険は任意なので、
自分でアメリカに来る前にしっかり考えて選択すべきなのです。
今健康でも、いつ何が起こるかわかりません。
何か起こった時に、お金のためにその治療の可能性を断念するのは悲しすぎます。。。


外国で生活する方に考えて欲しい健康保険について


わたしの場合、アメリカに来る際に、夫が、何があるかわからないし念のために、と言って任意の健康保険の中でもカバー率の高いものを選んでいました。

本当に感謝しています。ありがとう。


はじめは大したことないと思っていた病気。
保険に入っていなかったら、「とりあえず心配だから病院行っておこう」という
軽い気持ちで病院へ行くことはできなかったと思います。
「少し様子を見てみて、何かおかしかったら病院へ行こう」となったと思います。 


もちろん、よい健康保険はもちろん月々の支払いも少し高いです。
でも、その医療保険を使うかもしれない日は、本当に、誰にでも突然やってきます。

そして、この任意の保険への加入が、
わたしをアメリカで治療をする選択肢を与えてくれました。

アメリカでの治療は、健康保険がなければそれを諦めることになります。。。 
病院も”気軽”には行けません。
(お金があれば大丈夫ですが、それは大金です・・・)

もし、これから海外で生活される方がいらしゃるなら、
是非、事前にその国の医療状況を調べ、
必要な時に、最高の医療を受けられるために、
できるだけ手厚い医療保険に加入して欲しいです。